LUNAナチュラルアップクリームって副作用ある?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【LUNA】ルーナナチュラルアップクリームに副作用はある?

ルーナナチュラルアップクリーム

 

 

ルーナナチュラルアップクリームに
副作用の心配はほとんどありません。

 

 

バストアップの成分で副作用が心配されるのは、
女性ホルモンをアップさせる成分のとりすぎによる
ホルモンバランスのみだれが原因です。

 

 

ホルモンバランスがくずれると、
生理不順など婦人科系の体調不良になりやすくなります。

 

 

 

ボタン画像

 

ボタン画像

 

ボタン画像

 

 

 

 

ホルモンバランスがみだれるとこんな症状がおきます

 

ホルモンバランスの乱れ

 

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 冷え性
  • 腰痛
  • ほてり
  • 疲労倦怠感
  • のぼせ
  • むくみ
  • どうき
  • めまい
  • 便秘
  • 不眠

 

 

ホルモンのバランスは大切で、
とくに女性はストレスなどでもくずしやすいので、
女性ホルモンにはたらきかける成分には注意が必要です。

 

 

女性ホルモンが過剰になって
ホルモンバランスをくずした
という副作用がおきたのは、

 

バストアップサプリです。

 

ホルモンバランスがくずれることによる健康被害がでました。

 

 

バストアップ商品による健康被害とは

 

プエラリア

 

 

 

今までバストアップ成分で健康被害が出たのは、
プエラリアミリフィカという
タイ原産のバストアップ成分です。

 

 

プエラリアミリフィカは、

 

とても強力に女性ホルモンを出す

 

と胸を大きくしたい女性に
大人気の成分ですが、

 

女性ホルモンがふえすぎると体調をくずします。

 

 

女性ホルモンのバランス

 

 

 

バストアップクリームによる健康被害はない

 

プエラリアミリフィカで健康被害が出ているのは
口から摂取するバストアップサプリだけです。

 

 

バストアップクリームでは
副作用が出たという報告は今のところありません。

 

 

バストアップサプリで副作用が出て、
どうしてバストアップクリームは出にくいのかというと、

 

 

バストアップクリームは
肌からゆっくり吸収するから体に負担がかかりにくいんです。

 

 

ホルモンバランスのくずれによる健康被害がでてからは、
バスト業界も慎重になって、
ホルモンバランスに影響をあたえない
新しいバストアップ成分を開発しました。

 

 

この成分は画期的で、
バストアップ業界に革命をおこしたと言われています。

 

 

 

新しいバストアップ成分って?

 

ボルフィリン

 

 

健康被害が出て、

 

プエラリアミリフィカを使うのが不安・・・

 

という女性がふえたので、
かわりになる新しいバストアップ成分が開発されました。

 

 

ボルフィリンといって、タイ原産の植物です。

 

 

 

ボルフィリンは脂肪をふやす

 

ボルフィリンの脂肪増加試験

*赤いところが脂肪です。

 

 

プエラリアミリフィカは

 

女性ホルモンのはたらきをふやしてバストアップ効果を出す

 

というものですが、

 

ボルフィリンは、純粋に脂肪をふやすという成分です。

 

なんと、塗ったところの脂肪をふやす
という嘘みたいなバストアップ成分。

 

 

 

どうして塗っただけで脂肪がふえるの?

 

細胞分裂

 

 

ボルフィリンを塗ると胸の脂肪がふえるのは、
脂肪細胞を細胞分裂してふやすからです。

 

 

ふつうは胸のサイズアップのために
脂肪をふやすとしたら、
脂肪細胞を大きくする必要があります。

 

 

脂肪細胞は食事などで
脂肪をたくさんとりいれれば大きくなりますが、
胸だけに脂肪をふやすなんてことはなかなか難しいですよね。

 

 

ボルフィリンを使うと、
塗ったところの脂肪細胞だけをふやすことで

 

 

無理なく胸だけに脂肪をふやすことができるので、
ダイエッターにとっても強い味方です。

 

 

そして、
ボルフィリンを塗ってついた脂肪は体がやせても落ちにくい

 

という特徴があるので、

 

スタイルアップが期待できそうですよね^^

 

スタイルが良い女性

 

 

フランスでおこなわれた
ボルフィリンの臨床試験では、

 

 

Aカップの胸がBカップになるくらいの脂肪の増加

 

のデータがでています。

 

 

ボルフィリンの臨床試験の内容について
くわしくはこちらの記事にくわしく書いてあります。
 ↓  ↓  ↓

 

 

 

ルーナナチュラルアップクリームに副作用がでにくい理由

ルーナナチュラルアップクリーム

 

 

ルーナナチュラルアップクリームの
バストアップ主成分は、ボルフィリンです。

 

 

健康被害のでたプエラリアミリフィカははいっていません。

 

 

ボルフィリンは、もともと漢方薬で、
解熱剤として口から摂取されていたもので、
副作用の報告はありません。

 

 

口からのんでも大丈夫なので、
肌にぬっても大丈夫そうですよね。

 

 

 

ルーナナチュラルアップクリームはバストアップ効果が期待できる

魅力的なバストの女性

 

 

ルーナナチュラルアップクリームは、
ボルフィリンのほかにも

 

 

アディフィリンも配合されているので、
相乗効果でバストのサイズアップが期待できます。

 

 

アディフィリンは人工的に作られた成分で、
ボルフィリンと同じように
ぬったところの脂肪をふやすはたらきがあります。

 

 

ボルフィリンは油溶性で
アディフィリンは水溶性なので、

 

 

即効性と持続性の相乗効果
で胸の脂肪がふえやすくなります。

 

 

アディフィリンの脂肪の増加についての
臨床試験の内容はこちらの記事に書いてあります。
 ↓  ↓  ↓

 

 

 

ルーナナチュラルアップクリームは敏感肌にもやさしい

ルーナ無添加

 

 

ホルモンの副作用がでなくても、
肌がよわい人はあう化粧品をさがすのが大変ですよね。

 

 

ルーナナチュラルアップクリームは
デリケートなバストに塗るものなので、
肌に負担のかかるものはほとんどはいっていません。

 

 

口コミでも肌があれたなどの報告はほとんどなくて、
敏感肌の方が

 

 

「乾燥しなくなりました♪」

 

 

と喜んでいるほど品質が良く、
肌荒れやかゆみなどの
副作用も出にくいバストアップクリームです。

 

 

微笑む女性

 

 

敏感肌の大敵は乾燥なので、
うるおい成分が豊富な
ルーナナチュラルアップクリームは

 

 

むしろお肌の改善効果が
期待できるのでおすすめですよ^^

 

 

私もけっこうな乾燥肌でバストがしおれていましたが、
ぷるぷる感がでてきたのでまあまあ満足しています。

 

 

ぷるぷる感が出た胸の画像はこちら

↓ ↓ ↓

 

ボタン画像

ボタン画像

ボタン画像


 このエントリーをはてなブックマークに追加 



page top