アディフィリンのバストアップ効果【脂肪をふやす】

アディフィリンのバストアップ効果【脂肪をふやす】

アディフィリン

 

アディフィリンは、スペインで開発されたバストアップ成分です。

 

ボルフィリンと同じように、塗ったところの脂肪細胞を細胞分裂させることで脂肪をふやします。

 

 

世界最大の化粧品原料の展示会で金賞をとっているバストアップ成分で、年齢によるバストのハリやボリュームの減少を解消することが期待されています。

 

脂肪をふやすことで、バストを内がわからふっくらさせて実がつまったような質感にみちびきます。

 

水風船

 

 

アディフィリンの脂肪をふやす効果については、実際に臨床試験がおこなわれています。

 

「脂肪をふやす画期的なバストアップ成分」と話題のボルフィリンよりも脂肪の増加量がおおいというデータがでています。

 

 

アディフィリン湿布の実験データ
アディフィリン臨床試験データ

 

 

ボルフィリンとアディフィリンのちがうところ

 

ボルフィリンが植物由来の天然成分なのに対してアディフィリンは人工的につくられたものです。

 

アディフィリンは計算されてつくられるので、バストアップ効果も調整できそうですね^^

 

 

 

バストの脂肪増加の臨床試験の内容

 

25歳〜40歳の女性 22人を対象にして、

 

 

  • アディフィリンがはいっていないクリームを塗るグループ
  • アディフィリンを2%配合されたクリームを塗るグループ

 

 

2つのグループにわけて56日間アディフィリンを毎日2回湿布するという実験がおこなわれました。

 

 

56日後のアディフィリン試験結果

 

アディフィリンを2%配合されたクリームを塗るグループに、アディフィリンがはいっていないクリームを塗るグループよりも30倍の脂肪の増加量がみとめられました。

 

 

クリームに2%はいっているだけで脂肪がふえるなんて、すごい効果ですね。

 

 

 

アディフィリンに副作用はあるの?

 

アディフィリンは、人工的といっても、私たちの体にもともとあるアミノ酸を合成して作られているので、副作用の心配はほとんどありません。

 

 

 

ルーナナチュラルアップクリームには、アディフィリンが配合されています。

 

ルーナナチュラルアップクリームオリジナル成分

 

 

同じように脂肪をふやすはたらきのあるボルフィリンも配合されているので、相乗効果で脂肪の増加量がアップしそうですね。

 

 

ボルフィリンとアディフィリンの相乗効果でバストアップ

 

ボルフィリンは油溶性で、アディフィリンは水溶性なので、時間差の脂肪増加が期待できるということです。

 

バストを大きくしたいなら、アディフィリンとボルフィリンがどちらも配合されているバストアップクリームを選ぶといいかもしれません。

 

 

アディフィリンのデメリットは?

 

アディフィリンも、ボルフィリンと同じように塗ったところの脂肪をふやす成分なので、脂肪をつけたくないところにぬると脂肪がふえてしまうおそれがあります。

 

ただし、たるみが気になるところやおしりにぬるとハリが出ていいらしいです。

 

顔がこけてきた、と顔にぬる40代の女性もいらっしゃいますよ^^

 

 

 

アディフィリンについてはルーナナチュラルアップクリームの公式サイトにも書いてあります。

 

ルーナナチュラルアップクリームの公式サイト


page top