LUNAナチュラルアップクリームのバストアップ効果

【LUNA】ルーナナチュラルアップクリーム|美肌成分

美乳

 

ルーナナチュラルアップクリームには、美容成分がたっぷり配合されています。

 

さらっとした使いごこちなのに、うるおいたっぷりで肌がきれいになるのは、こだわりの美容成分のおかげです。

 

10種類のうるおいアップ成分

 

  • クロレラエキス
  • ヒマワリ種子油
  • ホホバ種子油
  • コメ胚芽油
  • 月見草オイル
  • メドウフォーム油
  • マカダミア種子油
  • セラミドNP
  • セラミドNG
  • セラミドAP

 

 

10種類の透明感ケア成分

 

  • ユキノシタエキス
  • ルチン
  • アーチチョーク葉エキス
  • 月桃葉エキス
  • カンゾウエキス
  • ヒナギク花エキス
  • カミツレ抽出物
  • メロン対座エキス
  • 油溶性ビタミンC誘導体
  • 水溶性ビタミンC誘導体

 

 

 

これだけの美容成分がはいっています。

 

それぞれ、ひとつずつどんな美肌効果があるのか説明しますね^^

 

 

10種類のうるおいアップ成分

 

うるおいバスト

 

クロレラエキス

 

クロレラエキス

 

バストを乾燥からまもります。

 

くすみがとれて肌の透明感アップ。

 

肌の細胞を活性するので、しわのないぷるぷるしたバストにみちびきます。

 

 

ヒマワリ種子油

 

ヒマワリの種

 

ヒマワリの油には、ビタミンEがたくさんふくまれていて、酸化をおさえます。

 

酸化をおさえる力が強いと、老化をふせぐことができるので、バストの細胞が老化しにくくなって、しぼみにくくなります。

 

みずみずしいバストにみちびきます。

 

 

ホホバ種子油

 

ホホバ種子油

 

ホホバ種子油は、ほかの油とくらべて酸化しにくい油です。

 

「ワックスエステル」という成分が95パーセントをしめていて、肌に弾力やうるおいをあたえます。

 

ワックスエステルはもともと体にあるものなので、なじみもよく、うるぷるの美バストにみちびきます。

 

 

 

コメ胚芽油

 

コメ胚芽

 

コメ胚芽油は、お米からつくられる油です。

 

ベタベタしないのに、しっとりなめらかで、バストの肌ざわりをすべすべにします。

 

お米をとぐと、なんか手がしっとりしますよね。

 

お米は美肌効果バツグンなんです。

 

 

月見草オイル

 

月見草

 

月見草オイルは、「王の万能薬」とよばれています。母乳にしかふくまれない「ガンマリノレン酸」という稀少な脂肪酸がはいっています。

 

保湿力が高く、皮膚組織を修復するはたらきもあるので、肌あれしにくくなります。

 

 

 

メドウフォーム油

 

メドウフォーム

 

メドウフォームは北アメリカ原産の、とても珍しい油です。

 

皮脂の分泌をととのえるはたらきがあって、毛穴に皮脂がつまりにくくなります。

 

お肌の保湿・若返り効果が期待できます。

 

 

マカダミア種子油

 

マカダミア

 

マカダミアナッツは、食べても美味しいですが、美肌にもやくだちます。

 

人の肌にもっとも近いといわれていて、バストにすっとなじみます。

 

アンチエイジングに効果的で、乾燥をよくふせぎます。

 

 

 

セラミドNP・セラミドNG・セラミドAP

 

セラミドイメージ

 

ヒト型のセラミドで、酵母からつくられます。

 

酵母とは菌のなかまで、セラミドを合成して代謝をコントロールすることでつくられます。

 

セラミドはもともと私たちの肌がもっている成分で、肌のうるおいを出すところです。

 

体に不足しているうるおいを優しくおぎなってしっとり美肌バストにみちびきます。

 

 

ルーナナチュラルアップクリームのうるおい成分だけでもすごい美肌効果ありそうですね。

 

まだまだ、ありますよ。

 

ルーナナチュラルアップにリピーターさんが多いのは、やっぱりバストが見たかんじ綺麗になることです。

 

 

 

10種類の透明感ケア成分

 

透明感のあるバスト

 

 

ユキノシタエキス

 

ユキノシタ

 

なんかもう、名前からして美白効果がありそうな名前ですが。

 

なんと、ユキノシタエキスにはこわれたDNAを修復するはたらきがあるんです。

 

どういうことかというと、くすんだりたるんだりしてしまったバストを改善する効果が期待できます。

 

なので、くすんでたるんだバストも、白くぷるんとハリのある美乳をめざせます。

 

 

 

ルチン

 

ルチン

引用元:Wikipedia

 

 

ルチンには血の流れをよくするはたらきがあるので、胸もとの色がくすむ「メラニン」がつくられるのをおさえる効果が期待できます。

 

さらに、ビタミンCの吸収を高めるはたらきもあるので、美白効果がアップして白く透明感のあるバストにみちびきます。

 

 

 

アーチチョーク葉エキス

 

アーチチョーク

 

アーチチョーク葉エキスは医薬部外品です。

 

高い美白効果をもつ、「シナロピクリン」という成分が主成分で

 

肌のくすみや色素沈着をふせいだり改善したりする新しい美白成分として注目されています。

 

 

 

月桃葉エキス

 

月桃葉

引用元:https://www.e-cha.co.jp

 

月桃葉エキスは、

 

  • 肌の細胞の増殖を促進する
  • コラーゲンの生成をうながす

 

というはたらきがあって、バストのアンチエイジング効果が期待できます。

 

細胞が活性されてコラーゲンがつくられると、バストに弾力が出てぷるんと上向きで形の良いバストにみちびきます。

 

 

 

 

カンゾウエキス

 

甘草

 

漢方につかわれている「甘草(カンゾウ)」から抽出した成分で、強力な消炎効果があります。

 

メラニンの生成をおさえるはたらきがあって、美白化粧品にも多くつかわれています。

 

美白効果が期待できるので、バストやデコルテなど、胸もとを白い美肌にみちびきます。

 

 

 

ヒナギク花エキス

 

デイジー

 

デイジーから抽出したエキスです。ポリフェノールをふくんでいて、メラニンの生成をおさえます。

 

黒い色素がつくられにくくなるので、透明感のあるバストにみちびきます。

 

 

 

カミツレ抽出物

 

カミツレ

 

シミに効く美白効果があるとされていて、美白化粧品におおくつかわれています。

 

ほかの美白成分とははたらきがちょっと違って、メラニン色素を出す命令をださないようにするというはたらきがあります。

 

ちょっとややこしいですが、誰かがころびそうになった時にたすけるのではなく、ころびそうになる前に

 

「そこに石があるから気を付けて!」

 

と最初からなにもおこらないようにする感じです。

 

いちど色がくすむと白くもどすのに時間がかかるので、くすまないようにしておいたほうが安心ですよね。

 

 

メロン胎座エキス

 

メロン

 

メロン対座エキスには、

 

  • 美白作用
  • アンチエイジング作用

 

 

があります。

 

メラニンが作られるのをおさえて、バストにハリを出す効果が期待できます。
老化をおさえるはたらきもあるので、バストがたるみにくくしぼみにくくする効果も期待できます。

 

 

油溶性ビタミンC誘導体

 

ビタミンC

 

ビタミンC誘導体は、厚生労働省に「黒くなった肌を白くもどす」という効果を唯一みとめられている美白成分です。

 

油溶性ビタミンC誘導体は、ビタミンC誘導体の中でも持続性が高く、保湿力もあるので大人の美白成分として人気をあつめています。

 

 

水溶性ビタミンC誘導体

 

ビタミンC

 

水溶性ビタミンC誘導体も、油溶性ビタミンC誘導体と同じように厚生労働省に「黒くなった肌を白くもどす」という効果を唯一みとめられている美白成分です。

 

油溶性ビタミンC誘導体のような持続性はないのですが、即効性があるので、美白効果を実感するのが早いのが特徴です。

 

水溶性ビタミンC誘導体のデメリットは乾燥しやすいというところですが、油溶性ビタミンC誘導体とあわせることで、保湿効果が高まります。

 

 

ルーナナチュラルアップクリームには美乳成分がたっぷり

 

バスト

 

長くなりましたが、ルーナナチュラルアップクリームにはこれだけの美容成分がふくまれています。

 

大きくするだけじゃなく、バストやデコルテの質感にこだわりたいなら、最適なバストアップクリームかもしれません。

 

 

美容成分はルーナナチュラルアップクリームの4つのこだわりのうちのひとつです。

 

そのほかのこだわりをみる→https://c.ho-br.com


page top